ニキビには保湿が肝心です。

青春時代から、ニキビはありました。一時期は、ニキビの出ている場所を乾燥させる化粧品を使っていましたが、それで治ることはなく、ずっと皮膚科でもらった塗り薬を化粧下地に使っているような状態でした。

若い頃に使っていた、高い化粧水では余計にニキビがひどくなり、また仕事も忙しかったので、花王のセラミド入りローションを使用し始めました。いまは廃盤になったフェイスセナーローションというもので、化粧水と乳液の機能がひとつになった、というもので、忙しい朝にはピッタリでした。それを使っているうちに、若い時のニキビはキレイに治りました。セラミドの保湿効果は、患部を乾燥させるよりも効いた、と思いましたから、廃盤になった後もセラミド入り化粧品を探しては使っていました。30代の顔まわりのニキビもありましたが、また花王の製品でセラミド入りのものを発見し使っていたら落ち着いています。ニベアの系統で、ニベアスキンミルクA、という乳液です。ボディ用乳液となっていますが顔にも使えるので、何年も利用しています。お値段も200グラムで600円前後、とお手軽ですので、これはなくならないで欲しいですね。